ラミネート・パウチの専門メーカー日本オフィスラミネーターからラミネートのご案内 会社概要 お問い合わせ
ラミネート・パウチ専門、日本オフィスラミネーター


ラミネート

(価格は全て税込)
- Submenu -
ラミネートの特徴 >>
ラミネートの用途 >>
ラミネートの問題点 >>
  1. パックのトラブル
  2. ロールのトラブル
  3. フィルムのトラブル
  4. 加工のトラブル
  5. 公害

ラミネート

いろいろのラミネートがありますが、その中で主に卓上型の機械を使って、熱で紙等を完全にフィルムパックすることを、特に私共はラミネートと言っています。

 優れたベース素材のポリエステル(融点260℃)と、感熱接着樹脂(融点90〜120℃,PE.EVA.EEA.サーリン等)を2層にしたフィルムを、紙や布、金属などいろいろなものに上下から120〜140℃くらいの熱とロール圧力をかけて、表面に完全接着し、余白の部分を上下のフィルムで完全にシールするものです。

ふち付のラミネートは比類なき丈夫さと美しさを、何にでも目の前で簡単に与えます。

ラミネートの特徴

  1. 紙が目の前で美しく丈夫なプラスチックに生まれ変わります。
  2. 紙・写真・布・金属など、何にでもいろいろなものにラミネートできます。
  3. アイデア次第で、用途は無限大です。
  4. ウィークポイントを全てカバーします。
    (水濡れ、耐油、耐薬品、紫外線、破れ、偽造等)
  5. 耐侯性、耐蝕性に優れ、偽造が防止出来ます。耐熱150度(瞬間)〜耐寒−70度、耐酸、耐アルカリ、耐油性に優れ、完全パックによる長期耐水性が有ります。  又、紫外線を減衰する事と、その気密性により気体反応から逃れるため変退色を遅らせたりします。引っ張り強度、耐折り曲げ回数も優秀で、樹脂融着による長期間の安定接着で、偽造防止効果が高い等の優れた特長が有ります。
折り曲げ、破れ、引っ張り等の強度に優れ、折れ目をつけても何万回もの折り曲げに耐えます。
水や、油、短時間の高温に耐えます。
酸、アルカリ等の薬品に耐えます。
紫外線領域の60%〜70%の光をカットしますので、変色がある程度防げます。

ラミネートの用途

 外見の美しさを必要とする物、手垢や破れから保護したい物、固くしたい物、水に濡れては困る物、保存したい物、変色から守りたい物、偽造されては困る物、権威を必要とする物などです。
 その他絶縁や耐薬品等の諸々の特種な工業材料としての要求も有りますが、主に次の様な物が有ります。

会員証、生徒証、免許証、ボトルカード、お客様カード、組合証、定期券、入館証、身分証明書、登録証、胸バッチ、アイドルカード、 察券、等の小型カード類。
駐車票、プライスカード、POP、プレート、表示板、オリジナル下敷き等。
メニュー、テーブルマット、マニュアル、チャート、数表等の書類、コピー原稿、写真、カラーコルトン、賞状、新聞切り抜き、鑑定証等。
ポスター、パネル、図面、地図、海図等。

メンバーカードやお客様カードの美しさは、お店のイメージと信用を大幅に高め、信頼のきずな、歩くポケットセールスマンとして、顧客を固定化、更にそのお友達への紹介アピール効果等、強力な販売促進効果を発揮します。
 紙のカードは汚れてきたなくなりますし、プラスチックカードは単価も高く、納期もかかり、小回りが利きません。ラミネートカードなら1台あれば何時でもどんなカードでも、住所変更や臨時企画の時でも印刷物だけの問題で済みます。又、プライスカードや胸バッチ、表示板等にも使えます。

企業等の身分証明は偽造や悪用を防ぐ意味でラミネートが最適で、企業の信用も著しくアップしますし、外国等では全国民のI.D.カードが常識になって居ます。

メニューは飲食店にとって大切な一種の看板です。ラミネートなら汚れ等も洗剤やベンジンで拭けますので、何時までも清潔で美しくお客様の食欲をそそり、お店の信用を高めます。

食肉や生鮮食品のプライスカードから、量販店の店内や店頭のPOPはラミネートで美しく光輝き、何時までもクリスタルな印象を持続し、商品とお店の高級感を演出します。

写真やカラーコルトンは変色と水濡れが悩み、沿岸地方等では湿気によるカビの問題も有ると言います。完全密封と紫外線減衰作用によりカビはもちろん、変色も大分防止出来ます。

実際の使用先

〔小売店〕
この様なラミネーターはビデオやレコードのレンタルショップ、美容室、メガネ店、レコード店、ブティック、電気店、家具店、旅行観光業、その他ありとあらゆる小売店に販売出来ます。
〔スポーツクラブ〕
ボーリング場、ゴルフ練習場、テニスクラブ、スィミングクラブ、アスレチッククラブ、アクアラングクラブ、ダンスクラブ。
〔各種教室、学校〕
料理教室、ジャズダンス、英会話教室、デザイン学校、その他の特種学校から一般の大学、学校。
〔趣味のサークル〕
囲碁クラブ、麻雀クラブ、その他友の会。
〔プロダクション、芸能〕
フアンクラブ会員証、所属証、アイドルカード。
〔官公庁、外郭団体〕
認定証、免許証、許可証。
〔組合、団体〕
組合員証、生協の会員証。
〔量販店、生鮮食品店〕
食肉店、ベーカリー、生花店、鮮魚商、スーパー、大型家電店、スボーツ店チエーン、カメラ量販店。
〔一般企業〕
身分証明書、保存又は閲覧資料、コピー原稿、新聞切り抜き、駐車票。
〔病院、診療所〕
診察券、カルテ、掲示等。
〔建築会社、工場〕
図面、入門証、工程管理カード、看板方式カード、クリーンルーム持ち込み書類。
〔私鉄、交通〕
定期券、時刻表、路線図、構内掲示。
〔飲食産業、ホテル〕
郊外レストランから喫茶店、和食、そば、大衆割烹ありとあらゆるメニューから、パブレストラン、ディスコのカード等。
〔写真館、ラボ〕
結婚記念写真、大型展示用写真、カラーコルトン。
〔ラミネートサービス店〕
コピーサービス店、プリントショップ、文具店、デザイン用品店等では、一般のお客様向けに、賞状、絵、魚拓、写真、習字等をラミネートするサービス店が新しい流行を生み出そうとして居ます。
〔工業用特種分野〕
電気部品の絶縁材料、免状発熱体、メッキ工程での保護、新材料の製造課程など、特種な分野で大型の商談が期待出来ます。機械やフィルムの用途に合わせた改良が必要な場合も有ります。

関連するラミネート取り扱い業界

 「印刷機材業界」  「事務機業界」
 「文具業界」
  • 日本文具協会
 「包装機材業界」

ラミネートの問題点

パックのトラブル

ジャミング  機横の内部に詰まって出て来なくなり、開けて取り出して見るとジャバラ状になって居る。 フィルムを反対から入れたり、極端に薄い物を高温で加工したり、挿入する先を余らせ過ぎたり、ロールの汚れや機械の調整不良の場合も有ります。
凹凸仕上がり  紙やフィルムの厚さに対して温度が高すぎると表面が平滑に仕上がりません。
白っぽくなる  紙やフィルムの厚さに対して温度が低過ぎる場合は、フィルムが良く溶けずに白っぽくなったり、接着もよくありません。
写真
その他の気泡
 平板式ヒーターの機械で写真の様な滑面の物をラミネートした場合、時々気泡を生じます。 始終起きたり写真の表面が崩れたりする時は温度を下げましょう。
ロール汚れ  ロールが汚れると絡みやすくなったり、仕上がりの表面に白いシマ模様が残ったりします。 (拭くと取れる)定期的にロールを清白掃するか、急場にはザラザラした厚紙を何回も空通しします。

ロールのトラブル

セットミス  フィルムの表裏を問違えた場合は進まなかったり、ロールに巻き着きます。 ブレーキ用の引っ掛かりツメを逆にした場合は、縦ジワや斜めジワがひどく、フィルムが大きく左右にぶれます。
圧力レバーミス  レバーの下げ忘れでは、ラミネートロール側の時は品物が殆ど接着しないで出て来ます。 引っ張り(出口)ロール側の場合は機械に絡まります。
カール捻れ  上下のブレーキ調整が合っていないと、品物は強い方にカールします。 捻れは機械の捻じれの場合よりも、フィルムを交換すると直る場合が有りますが、ある程度は仕方の無い場合も有ります。
温度不足  設定温度が低かったり、大量の物を連続して加工すると、温度不足で白っぽく仕上がったり、接着が悪かったりします。 様子を見ながら休んだり、予め温度を少し上げたりします。
温度過剰  温度が高すぎると仕上がりが凹凸になったりします。
密着不良  温度が低かったり、圧力が弱いと密着不良になります。 又、対象物の質や表面状態により、表面加工した物や樹脂状の物などは密着しません。
斜めシワ  圧力が極端に左右違ったり、機械の捻じれの場合は殆ど無く、 ツメを逆にセットしたり、ストッパーを上下逆にした場合が多い。
ちりめんシワ  出ロロールより入ロロールが早いとさざなみの様な模様が出ます。 出ロロールの滑りや圧力不足、ギヤが前後逆の場合等が有ります。
ハの字と逆ハ  進行方向の左右が進み真ん中が遅れ、一定問隔の逆八の字の様な模様が出る時は、 圧力が強過ぎたり、ロールが滅って端の方だけに圧力が掛かっている場合が多い。 ハの字はその逆です。
船蹟シワ  進行方向の左右の透明部分に、船の左右の波の様なシワが出ます。 これは大体フィルムに対して紙が厚すぎる場合です。
トタン状波  進行方向と同じトタン状の波は、対象の紙やフィルムの縮みです。 紙によっては温度で左右が収縮したりする場合も有ります。

フィルムのトラブル

しわ  縦や斜めのしわが止まらない。そう言うとき、機械の各ロールの平衡がとれているか良く確認して下さい。 そして、最後にブレーキテンションを上下均等に強くしていって、それでもしわが止まらなければ、フィルムに原因がある場合があります。
 厚い物を一カ所だけにかたよって連続挿入したときに、正常なフィルムでも圧力バランスが立ち直らずにしわになることもあります。
斜めカール  機械の各ロール間の平衡や、本体のねじれが正常であって、プロペラのような捻れカールが起こる場合は、フィルムの製造時の延伸加工の方向が、上下フィルムの組み合わせによって影響する場合があり、ある程度やむを得ない場合があります。
 当社のフィルムの一部は、組み合わせを考えたセット販売をしております。
トタン状の波  フィルムの表面にしわでなくトタンのような縦の波が生じて、製品の表面にまで、影響の出る場合があります。中身の紙等が熱で収縮しているケースが殆どですが、まれにフィルム自身の熱収縮がひどく、それが原因の時もあります。
接着不良  機械の温度や圧力が正常であれば、通常の状態では、フィルムの接着状態は規定の範囲以上の物しか出荷しないので、フィルムに原因のあることはめったにありません。 紙の表面状態、連続加工による機械の温度条件の変化等による場合が殆どです。
 ギリギリの条件の場合に、機械とフィルムのマッチングも少し影響します。

加工のトラブル

プリンター等の出力物項
プリンター等の出力物には現在様々なタイプがあり、一部には熱ラミネートが適さないものがあります。
症状としては、熱による歪み、波打ちやメディア表面との相性の悪さが原因の接着力不足等があります。出力方式、インク種別、メディア種別(最も原因になりやすい)やメディアのサイズなど様々な汲み合せにより、ラミネート適性は変わりますので、お気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

水蒸気  書きたてのインク、墨、乾いていない水のり等が、 加工時の熱で蒸発し、中に残る事が有ります。
厚い物の縁  紙が厚過ぎると縁が密着しません。 フチ無しにするか、後からアイロン加工します。
張り合わせ物  2〜3枚の紙を縁だけ軽く張り合わせた物をうミネートすると、 フニャフニャだったり、シワがよったりします。 又、折ったりするのも非常に難しくなります。
その他  カット時にもミスしたりしますので気を付けましょう。 又、カシメの製本や、折れスジを依頼されたりする場合も有ります。 それぞれやり方が有りますが、詳しくはお問い合わせ下さい。

ラミネートの公害について

 近年、地球環境間題及び廃棄物間題の高まりにより、廃棄物を無公害で処理すること、再生、再利用して資源として有効利用することなど、廃棄物対策の必要性が強く叫ばれており、このような世論のもとで、国内、海外共に廃棄物の無公害化、再資源化の研究開発、実用化へ向けての試みが盛んに行われています。

廃プラスチックについても同様で、国、企業、業界等で、諸施策が打ち出され、様々な処理・再生利用に係わる研究開発、実用化の検討が各所で行われています。

 リサイクルは大別してマテリアル再生リサイクルとサーマルリサイクルに分けられます。
 ここでサーマルリサイクルとは、廃プラスチックを直接燃焼させるか、 または一旦燃料の形に加工(燃料化)して燃焼させ、最終的にエネルギーとして回収し利用することを言います。

 ラミネートフィルムは、ポリエステルフィルムがベースの主原料で接着剤は、ポリエチレン系の複合フィルムです。
 ラミネートは加工処理後紙とプラスチックフィルムが一体になっているためマテリアル再生リサイクルが難しいと思われて来ました。

 近年では関連業界団体でマテリアル再生リサイクルを実現しました。当社経由で紹介する事が出来ます。

 それ以外は焼却処理することになります。ラミネートフィルムそのものに毒性はありませんし、燃焼ガスも有害ではありません。ダイオキシンにつきましては、塩化ビニールの低温燃焼による原因説が有力なので、ラミネートフィルムは問題無いと言う見方です。

お客様専用コーナー
Login-ID
Password

サイト内検索

2017年度 展示会予定
光文堂 主催 Print Doors2017
 2017年 1月25日〜26日
 吹上ホール
PAGE017
 2017年 2月8日〜10日
 サンシャインシテイ
JP2017
 2017年 4月19日〜20日
 マイドーム大阪
常設展示
本社ショールーム
  パック式、ロール式ラミネーター各種
  ハガメールシーラー
  SMART MATIC、Vega 400A
※ 随時可能(要電話予約)
鳩ヶ谷流通センター
  Digifav
  CTI75 他
※ 随時可能(要電話予約)

ラミネート・パウチ専門、日本オフィスラミネーター

ラミネート機 ラミネートフィルム
■ パック式ラミネート機一覧 ■ ロール式ラミネート機一覧 ■ 全自動機・特殊ラミネート機一覧
周辺機器

ラミネートのノウハウ
サービス・ご案内

Copyright © ラミネート機・ラミネートフィルム・パウチの専門メーカー 日本オフィスラミネーター株式会社  ● 会社概要 ● お問い合わせ
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-12-6 JOLビル TEL 03-3230-4260 FAX 03-3230-4358 E-mail info4@jol-net.co.jp